アースファミリーは統合医療に基づいた食改善運動を推進する自然食品店を展開しています。オンラインショップからお求めいただけます。

安全・安心・世界品質 ウインナークラブのハム・ソーセージ・デリカ




ヨーロッパの食肉職人にとって権威ある大会「スラバクト・コンテスト」(オランダ・ユトレヒト)に出品し、味・形・技術など50点満点の「スターゴールド賞」をはじめ、金賞、銀賞を数多く受賞しています。ウインナークラブのハム・ソーセージ製造の技術レベルが世界に通用する品質であることが確かめられました。



i2

ウインナークラブが製造するハム・ソーセージ類のレシピは、ドイツのマイスター資格を取得したダンカース・シェフケ氏の指導によって作成されたものです。ダンカース・シェフケ氏はオランダ、ドイツ、フランス、イスラエルで食肉・食肉加工について学び、1970年にオランダの国家資格を、ついで1983年にドイツのマイスター称号を取得しています。ウインナークラブはアドバイザリースタッフとしてダンカース・シェフケ氏から12年間の指導を受けています。ウインナークラブのハム・ソーセージは、ダンカース・シェフケ氏のレシピをベースにしながら、塩分濃度等に工夫を加え、また嗜好的要素も採り入れながら、毎日食べても飽きの来ない本物のハム・ソーセージを製造しています。




原材豚には幻の豚「中ヨークシャー種」をベースにしたオリジナル四元豚の「阿波美豚(あわびとん)」を使用しています。原材豚は全て(有)石井養豚センターが出荷した豚のみを使用し、輸入豚や他の農場から出荷した豚は、一切使用していません。徹底した衛生管理の下で育てられ、飼料や水にもこだわって育てた四元豚のみ使用しています。


ウインナークラブのハム・ソーセージ・デリカの製品は、食品添加物を使用していません。消費者(自分たち)が食べるためにウインナークラブが創設されたこと、「子どもたちも安心して食べられるハム・ソーセージを作ってほしい」という要望に応えるために安全・安心な商品を製造しています。また、市販のハムやソーセージの多くは結着剤や水分で増量しています。そうしたものを冷凍から戻すと、結着剤や水分が分離するためパサパサになってしまいますが、ウインナークラブの商品は調味料とスパイスのみを使用。解凍しても美味しさがそのまま再現できます。



脂はさっぱり、塩分糖分も控えめ。
“美味しさと安心”をお届けいたします!


ウインナークラブホームページより一部編集


↑ PAGE TOP