アースファミリーは統合医療に基づいた食改善運動を推進する自然食品店を展開しています。オンラインショップからお求めいただけます。

健康コラム

「減塩」信仰のルーツ

 「塩の摂り過ぎは体に悪い」という説が出たきっかけのひとつ。それは戦後の日本がアメリカに統治されていた時代に遡ります。1954年、GHQのダール博士が東北地方と九州地方を選んで、塩を消費する量と高血圧・死亡率について調査をし「高血圧の発症は塩の摂り過ぎが原因である」と結論付けたことから始まっているそうです。

 この調査では、鹿児島県の塩分の平均摂取量は14グラム、青森県は28グラムでした。高血圧の発症率は鹿児島県が20%、青森県が40%です。確かにこの数値を見ると塩=高血圧の原因にも見えますが、他の原因を探るなど詳細な調査があったわけでなく、これだけの数字を疫学的なデータとして青森県では塩を多く摂っているから高血圧が多いのだと結論付けたのです。
 そもそも青森と鹿児島では、生活環境が異なります。低温が続き豪雪にもなり、外に出られない日もある所と南国のような温暖な所とを塩の摂取だけを比較して高血圧の原因とするのはいかがなものか。屋外に出られないことで運動不足になりがちだったことや、冬場は新鮮な野菜が食べられなかったりした影響はなかったのでしょうか。また寒さそのものによる血管の収縮こそが血圧が高くなる原因だと考えるほうが自然であると指摘する学者もいます。あるドクターは語ります。東北地方の人たちが塩を多めに摂っていたのには、ちゃんとした理由がありました。塩には体温を上げる作用があるため、当時は暖房が十分に発達しておらず極寒であった冬を乗り越えるために、あえて多くを摂取していたのです。今では減塩が定着してしまったため、東北地方の人たちの平均体温は下がっています。これが占領当時であれば、冷えからくる肺炎や結核、リューマチが広がって大変なことになっていただろうと。

 GHQの調査結果を受けて、日本でも減塩運動が始まりました。現在、スーパーに行くと減塩の醤油や味噌、梅干しなどが沢山ならんでいます。しかし、これほど「減塩」が定着したにもかかわらず、高血圧の人は減っていません。予備軍を含めると全国で5000万人にも上るそうです。

 ヒトの祖先は水から陸に上がった時に、血液、体液、羊水などと言う形で「海水」を体に持ち込んだとも言われています。必須ミネラルが豊富に含まれている「海水」の成分です。そう考えると「減塩」よりも「適塩」の考えが自然かもしれません。むしろ避けたいのは99%ナトリウムの精製塩と化学調味料ではないでしょうか。化学調味料の代表格はグルタミン酸ナトリウム。昆布などに含まれる旨味成分とナトリウム(精製塩)が一緒になった化学的に作られたものです。調味料やスナック菓子―やめられない・止まらない―など多くのものに使われています。旨味成分があるので塩気をあまり感じることなく精製塩を多量に摂取することになります。ほどほどにしたいところですが、精製塩には依存性も指摘されています。気をつけたいものですね。

↑ PAGE TOP